転職は得か?

人生、転職したい時が3度あるものです。1度は3年目、どうもこの仕事は自分に向かないと思う時。私の同僚で、銀行業務は向かないと言って、教職に転職した人、税理士になるため大学院に行った人がいます。40年前の話ですが、今考えると賢明な行動と思います。この時期を、このお思いを逃さないよう祈ります。特に若い3年目あたりの人に提言します。青春は短い即断するべし!

次に2番目は、一家を構え、仕事に自信を持ち、いささかうぬぼれてくる時期、会社勤めて15年目くらい、自分は実力があるのに、ゴマする上手の同僚が自分の上役にでもなったとき、これはよく相談されてきます。当然ながら、仕事ができる?才能がある?から良い地位に行くのではのがサラリーマン世界であると気づく時期なのです。それを悟人は、かならず将来必ず何らかの形で転職します。これも、経験からなのですが、よくあることです。ただ、この時期の転職の成功率は50対50の確立で、あまり、成功した人はいません。特に、サラリーマンが、ラーメン屋さんになったり、前職とは全く違った職業の時には、私の知人は80%失敗に終わっています。残念、、理由は簡単です。15年もやってきた経験を活かさずに、新しいことをやるのは「うぬぼれ時期」のなせる業(わざあ)です。15年ひそかに研究して転職を始めたひとはほぼ成功しています。

さらに、3番目は、悲惨な現実が待っています。3番目に転職したくなる時期は、会社に裏切られる時、会社は当然と思ってリストラするのですが、本人は、夜も寝られないほど会社を呪い続けるというう女々しい時期であります。家族もともかく大きくなり?それなりの資産・マイホームも所有したころなので、まさかがやってくるとは持っていないのです。人生には3つの坂がある、上り坂、下り坂、まさか(まさかさま)なのです。上り坂は一番目の転職、下り坂は、2番目の転職、まさか(まさかさま)は、3番目の転職です。この3番目の転職はこたえますぞ!今から、覚悟と技能、手に職をもと事を、今からでも始めてください。頑張れ人生!

医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です