転職活動でお世話になった教室やセミナー

私は転職活動の際に、教室やセミナーによく行きました。無料のセミナーとかは勧誘が激しかったりしますので、ちゃんと有料のところを選びましたよ。一応転職エージェントに登録はしていたのですが、担当者との相性が悪く、なかなか自分の希望するような仕事がありません。そんな状況が長く続きましたので、一度色々学んでみようということで教室やセミナーに行きました。
例えば、話し方教室です。私と同じように転職活動中の方もいましたし、芸能界を目指している方とか、後は就活前に勉強しに来る方もいらっしゃるそうです。私自身話し方って特に意識したことが無かったのですが、実際に先生に教わってみると今までちゃんと出来ていなかったと改めて考えさせられました。録画をして自分でチェックをするのですが、結構印象が変わります。というか、かなり良い方に変わったと思っています。身内や友人からも雰囲気が良い方に変わったと言われますので、自分にとって良い経験になりました。
セミナーは本当に色々出席しました。転職とは関係の無いようなものも、自分の自信になるかと参加してみたり。こういった社会人向けのセミナーは人脈を作る場所でもありますので、色々な方と知り合うことが出来ました。その中でも、今もまだ連絡を取り合っている方もいます。やはり有料のセミナーに参加するような方々ってすごく意識が高いんですよ。自分は別にそういうタイプではないのですが、彼らに刺激されてやる気が出るので本当に良い方と出会ったかなと思いました。
そして、このセミナーで転職エージェントは複数を利用したり、相性の合わない担当者は変更してもらうこと、自分の意見をしっかり伝えることなど色々教わりました。正直、転職エージェントの上手い使い方なんて誰もが知っているような情報ではないですよね。そのため、とても参考になりました。おかげで複数の転職エージェントを利用してみて、自分の意見を相性の良い担当者に伝えることで転職に成功しました。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

転職は悪い事じゃない

「仕事を5年以内で辞めてしまうと履歴書に傷がつく」とよく聞くと思いますが、私はそれを気にしてしまい、
転職=マイナスなイメージ
があり、なかなか転職する事が出来ませんでした。
私が以前働いていた職場では、店長をさせて頂いておりましたので、もちろん毎日数字に追われ大変でしたが、とてもやり甲斐のある仕事でした。
高校卒業して4月から正社員として働き始めた私に、業務を1から教えてくださる先輩にお世話になり、業務だけではなく社会人としてのマナーも基礎から教えて頂きました。
また、店長になった時には、まだパソコンをうまく扱う事が出来ず、周りの店長さんに電話で色々教えて頂きながら、エクセルやワード、イラストレーター等の知識をつけました。
取引先へのメールの送り方や、電話での話し方、条件の交渉の仕方等も教えて頂き、多くの事を学び、1人の人間として成長する事が出来ました。
それは、今転職してからも活かされており、私の自信にも繋がっているので、とても感謝しております。
ですが、ある日私が店長として仕事をしていた店舗でトラブルが起こりました。
そのトラブルの内容が、当時の部長が店舗に入った時にご案内したお客様で、部長が誤ったご説明をしてしまい、それに対してのクレームでした。
私としても、精一杯ご対応はさせて頂いたのですが、私ではお客様にご納得して頂く事が出来ず、部長にご相談し、対応して頂きました。
そこまでは良かったのですが、この案件の報告を、私の案件として、私が誤案内をした事によってのトラブルと報告されており、私は納得がいかず、部長にお話をさせて頂いたところ
「部長なのに自分が原因のトラブルがあったなんて話せないから」という理由でした。
その案件は最終的にはお客様に、改めて詳しいご説明をさせて頂き、ご納得して頂いたので良かったですし、私は案件の内容とか、私の案件と報告して頂くのも結構です。
私の店舗で起きてしまった事は、私の管理不足として捉えられるのは当たり前なので、覚悟していた事でした。
しかし、自分が原因でお客様に迷惑をかけてしまい、不快な思いをさせてしまったのにも関わらず、反省もせず、勝手に私の名前を使い報告した事を私は許せませんでした。
私は最後、こんな事で許してもらおうなんて思っていませんが、お客様の家までお伺いし、おわびをして参りました。
1つのトラブルでこれだけの人間が動いているのに、反省もしない、謝らない上司から学ぶ事なんてないと思い、転職を決意しました。
多くの事を学ばせて頂いた事については、心から感謝していますが、私はそんな上司の下で仕事はしたくありません。
なので、転職を考えている方。
必ず、自分のためになる仕事、学べる仕事、1人の人間として成長出来る仕事を是非選んでください。
そうすれば、転職先でも必ず役に立ちますし、自分の自信に繋がります。
自分がさらに成長するための転職なら、私はお勧めします。

医師 転職 産業医 女性 ママ

転職は得か?

人生、転職したい時が3度あるものです。1度は3年目、どうもこの仕事は自分に向かないと思う時。私の同僚で、銀行業務は向かないと言って、教職に転職した人、税理士になるため大学院に行った人がいます。40年前の話ですが、今考えると賢明な行動と思います。この時期を、このお思いを逃さないよう祈ります。特に若い3年目あたりの人に提言します。青春は短い即断するべし!

次に2番目は、一家を構え、仕事に自信を持ち、いささかうぬぼれてくる時期、会社勤めて15年目くらい、自分は実力があるのに、ゴマする上手の同僚が自分の上役にでもなったとき、これはよく相談されてきます。当然ながら、仕事ができる?才能がある?から良い地位に行くのではのがサラリーマン世界であると気づく時期なのです。それを悟人は、かならず将来必ず何らかの形で転職します。これも、経験からなのですが、よくあることです。ただ、この時期の転職の成功率は50対50の確立で、あまり、成功した人はいません。特に、サラリーマンが、ラーメン屋さんになったり、前職とは全く違った職業の時には、私の知人は80%失敗に終わっています。残念、、理由は簡単です。15年もやってきた経験を活かさずに、新しいことをやるのは「うぬぼれ時期」のなせる業(わざあ)です。15年ひそかに研究して転職を始めたひとはほぼ成功しています。

さらに、3番目は、悲惨な現実が待っています。3番目に転職したくなる時期は、会社に裏切られる時、会社は当然と思ってリストラするのですが、本人は、夜も寝られないほど会社を呪い続けるというう女々しい時期であります。家族もともかく大きくなり?それなりの資産・マイホームも所有したころなので、まさかがやってくるとは持っていないのです。人生には3つの坂がある、上り坂、下り坂、まさか(まさかさま)なのです。上り坂は一番目の転職、下り坂は、2番目の転職、まさか(まさかさま)は、3番目の転職です。この3番目の転職はこたえますぞ!今から、覚悟と技能、手に職をもと事を、今からでも始めてください。頑張れ人生!

医師 転職